このごろtexで文書を書くことが多くなってきました.ただ,研究用途と趣味用途とは切り離したいので,Mac OS Xにはインストールしたくない.そこで,研究室のデスクトップやVMware Fusion上のUbuntuにインストールした際の作業工程を自分のためにメモっておきます. 基本行程としては,

Ubuntu 8.10 Intrepid Ibexで日本語LaTeX環境を整えてみよう

の通りにやればいいんですが,文字エンコーディングの部分で説明が抜けています.全体の手順を以下に示します.

  1. 必要ソフトウェアのインストール 
    sudo apt-get install texlive texlive-latex-extra dvipng latex-xft-fonts okumura-clsfiles xdvik-ja dvipsk-ja latex-cjk-japanese latex-cjk-japanese-wadalab jbibtex-bin mendexk xpdf xpdf-japanese gv gs-cjk-resource cmap-adobe-japan1 cmap-adobe-japan2 cmap-adobe-cns1 cmap-adobe-gb1 cmap-adobe-korea1 nkf
  2. フォントの設定
    1. sudo jisftconfig add
    2. /etc/texmf/vfontmap.d/20ptex-jisfonts.mapを以下のように書き換え 
      ### For ptex-jisfonts
      @Mincho Roman|Mincho@ rml-jis JIS-H
      @Gothic SansSerif|Gothic@ gbm-jis JIS-H
    3. sudo update-vfontmap
  3. 文字エンコーディングの変更 
    nkf -e 元texファイル名 > 新texファイル名

最後の3番目の項目が上記ページでは抜け落ちています.texはもともとEUCで書くことを想定しているんですが,Ubuntuはデフォルト文字エンコーディングがUTF-8ですので,最後の項目を行なわないと日本語などの英語以外の部分が文字化けしてしまいます.毎回texファイルを作成したらnkfコマンドを実行することを心がけましょう. 2番目の項目は必須ではないですが,IPAモナーフォントがフォントとして用いられるようになるため,文字が格段にきれいに印字されるようになります.