質の悪い3D映像を最初に見てしまうと、再び3Dに興味を持ってもらうのは大変なことだ。実際、質の悪い3Dを見ると気分が悪くなったり、目や脳が激しく疲れる。“3D映像を見るのはイヤだ”と思われないようにすることが、最大の目的だ
【本田雅一のAVTrends】3Dテレビ、3Dブルーレイの深層部 -AV Watch