ところがキリスト教文化圏は、すべての人類に普遍的な倫理があると信じる特異な地域だ。さらに人間が神の姿に似せてつくられたという特権意識をもち、すべての動物は人間のために殺されるのが当然だと考える人間中心主義が強い。これが昂じると、「地球を守れ」という倒錯したキャンペーンになる。
エコロジーという自民族中心主義 - 池田信夫 blog