その一見スクリプト言語的な軽さも、実務派をも安心させるオブジェクト指向な厳格さも、研究者を夢中にさせる関数的数学性も、すべてはその原理であるジョイン計算が図らずも見せる一面に過ぎない。その真の威力は、関数概念を(型変数によるロジックの型抽象化をキーに)クラス概念へと拡張してのそのいわゆるカリー化ーーボトムアップなクラス階層化を支援しつつさらなるコンポーネント化を推し進める、というところにこそあろう
Scala開眼