ハードマージンSVMでは、データに重なりがある場合、下のようにちゃんと分類境界を求められませんでした。今回は、重なりのあるクラス分布に対応できるように拡張してみます。このようなSVMはハードマージンSVMに対してソフトマージンSVMと呼ばれます。別名としてC-SVMとも呼ばれるようです。
ソフトマージンSVM - 人工知能に関する断想録