社会が高度に情報化し,さらにロボット化してゆく流れが起きつつあります.ロボットが日常生活の中に入る時,ロボットはどのように人々とかかわり合い,どんな働きをすべきかを明らかにすることが重要な学術的課 題となります.ロボット工学分野での研究から,ロボットは,人々の位置や行動を認識し,擬人的な身振りを交えて人々に話しかけ,個人を識別して相手に応じて適応的に会話内容を変える,といった人と関わる ための基礎的な機能を既に持ち始め,今後それらの機能をどう拡張し,どのような関わり合いの中でどう生かすか,その将来の可能性を試すべき時期が来ているのです.
研究概要 | 人とロボットの共生による協創社会の創成「人ロボット共生学」