アップル製品の根幹をなしているのは、革新的な機能ではなく、その斬新なデザインである。機能的には他社製品のほうが使い勝手がいいものはいくつかあるが、アップルのロゴマークが入った製品をこぞって人々が買い求めるのはそのデザインに依るところが大きい。無駄なところを極限にまで削ぎ落した機能性とそのデザインによって、他社の追随を許さない。そして、スティーブ・ジョブズというカリスマ性溢れる経営者によって、その付加価値を究極まで高めている。
集団知よりも個人の力量が問われる時代へ - 松岡 祐紀 - アゴラ - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース