「HRP-4C」は人間とインタラクションする研究を用途としたヒューマノイドだ。筆者はインターフェイス技術やロボット制御技術などを、これまで別個のものとして取材してきたが、それらが年々、徐々にロボットのボディをプラットフォームとして1つに集まってきていることを実感している。
【森山和道の「ヒトと機械の境界面」】 YouTubeのアクセス解析からヒューマノイド・ロボット・コンテンツの可能性を探る