ここでは、Ubuntuにおけるサウンドデバイスの利用方法に関して簡単に解説します。詳細な情報が必要な場合は、別途調べてください。 サウンドデバイスを使うために、対応するサウンドドライバを有効にする必要があります。Ubuntuにおける標準のサウンドドライバはALSA(Advanced Linux Sound Architecture)であり、カーネルモジュールの形でファイルシステムに導入されています。ALSAはカーネルモジュールの集まりであるため、どのカーネルモジュールが自分が使っているサウンドデバイスに対応しているのかを調べ、カーネルモジュールを組み込み、その上で設定を行う必要があります。設定はカーネルモジュールの設定であったり、サウンドサーバであるPulseAudioの設定であったりします。
UbuntuStudioTips/Hardware/SoundDevice - Ubuntu Japanese Wiki