彼らは「第2のクラウド」を事業戦略にかかげている。“CLOUD”(雲)だけではなく、“CROWD”(群衆)も使ったWebサービスというわけだ。
ASCII.jp:日本生まれのクラウドノート「KYBER」がすごい理由